俺は早漏なの?どうなの?

早漏とは、相手の女性が満足する前に射精に至ってしまうことを言います。射精までの時間が人より短いと不安になると思いますが、問題はそこではなく「相手の女性がどう感じるか」です。早漏に不安になるその前に、一度相手の女性の希望を聞いてみましょう。

30代の早漏は精神的な後遺症が残ってしまうことも

30代である程度性体験も積んだ男性が、早漏と感じてしまうような出来事があればそれが精神的な後遺症となってしまうことがあります。
早漏の一番大きな問題というのは精神的な問題であり、どれだけすぐに射精をしてしまうようであっても原則本人たちが気にしていないのであれば、何も問題はありません。
早く射精をしてしまうことによって、日常生活で困るということもありませんから基本的に早漏自体は、特に問題になるようなことではありません。

しかし、現実的に早く射精をしてしまうと相手を満足させることができなかったり、男としてのプライドを傷つけられてしまうことによって、トラウマになってしまうということは少なくありません。
早く射精をしてしまうことは格好悪いことだと考えている人は少なくありませんし、それがある程度年齢的にも落ち着いた30代でそのような失敗をしてしまえば、精神的に大きなダメージを受けてしまうことがあります。

男性は非常にナイーブな生き物ですから、性行為での失敗というのは大きな心理的な負担となりそれが原因となって焦れば焦るほど余計に上手く行かなくなってしまうことがあります。
我慢をしなければいけないという意識から余計に早く射精をしてしまったり、あるいはそちらに意識が行き過ぎて勃起不全になってしまったりとちょっとしたことで余計に性行為に悪い影響を及ぼすケースがあります。
早漏改善による第一歩としては、すぐに射精してしまうことをあまり気にせずにそれでいて少しでも長く射精を我慢することができるように、訓練をしていくことが大切です。
気持ちを切り替えるということは簡単なことではありませんが、早漏の人はもう少し前向きに早漏と向い合ってみると良いでしょう。