俺は早漏なの?どうなの?

早漏とは、相手の女性が満足する前に射精に至ってしまうことを言います。射精までの時間が人より短いと不安になると思いますが、問題はそこではなく「相手の女性がどう感じるか」です。早漏に不安になるその前に、一度相手の女性の希望を聞いてみましょう。

刺激による気持ち良さのための早漏を我慢する方法

早漏には様々な原因があり、主に肉体的、精神的な要因に分かれるとされています。前者の場合には仮性包茎や真性包茎のために亀頭が刺激に弱い状態になり、膣内への挿入などの強い刺激に耐えられないことから起こるものであり、後者の場合は、性行為時に興奮をし過ぎてしまうことから、射精が早められ、早漏になってしまうというものです。性行為の気持ち良さに我慢が出来ず、射精のコントロールが不十分となってしまい、自身もパートナーも満足の出来ない性行為になってしまうのです。そうした場合、医療機関の手を借りることも1つの選択肢となっていますが、症状がそこまで重篤なものではない場合、いくつかの射精を我慢する方法をとることによって、早漏はある程度改善される可能性があります。
射精しそうになったところで陰茎への刺激を止め、射精感が遠のいたところでふたたび陰茎への刺激を行い、その工程を繰り返すことが、早漏の改善に効果があるとされる方法となります。射精の手前で刺激を止めることで陰茎、および亀頭が膣や手の強い刺激に慣れていき、射精が遅れるとされるものではありますが、行いすぎることで逆に遅漏になる可能性もあり、ほどほどに行うことが、早漏改善の方法としては必要なものになってきます。また、この方法には非常に個人差が見られるとされ、効果があるとしても長期の期間が必要ともされているため、継続性をもって行うことが肝要となってきます。
そして肛門と前立腺のまわりにあるPC筋と呼ばれる筋肉を鍛えることも、気持ち良さによる早漏を我慢する方法として知られたものとなります。肛門を数秒締め、その後開放し、また締めるといった工程を繰り返すことで早漏が改善され、同時に陰茎の勃起力にも効果があるとされています。これらの方法で、早漏に対する一定の効果がある可能性があります。